神戸の引越し会社、営業:兵庫、大阪から出発して全国へ
引越不用品の回収・買取、引越ごみの処分もOK
トランクルームも完備してお客様をトータルでサポートします!

電話で見積できます! 携帯OK 0120-11-4021 受付時間:7:00~19:00(年中無休)

Home > Archives > 2016-02

2016-02

引越し体験談

引越しを行えば、様々な体験をするでしょう。失敗もあるでしょうが、思わぬ発見も!

・だいぶ前に見当たらなくなったアルバム・写真が見つかった(なつかしい)

・なくしていたと思っていたネックレスなどの貴重品(これはうれしい)

・一年ほど前に無くして提出出来なかった職場の書類(それはどうなの?)

・なくしたと思って自腹で再購入した定期券(涙・涙)

・中学時代の日記(何が書いてあるのだろう!)

・へそくりを見つけた(???)

家族と思い出の品を見ながら昔話ができたなんて、ほのぼのとしたお話もありそうですが、そろそろ引越しの準備をしましょうか。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

引っ越したくなる時

「引っ越し」と言えば、物件探しや荷造り、細かい住所変更手続きまで、なかなか労力がかかるもの。しかしそんな大変な思いをしても「引っ越したい!」と思う瞬間って、ありますよね。それはいったい、どんなときなのでしょう?

駅から遠い・通勤時間が長いなどが一番多いとは思いますが、近所の騒音などは深刻です。ちなみに私のマンションには夜中に洗濯する人や、犬の鳴き声がうるさいご近所も住んでいたりして大変迷惑しました。困ったものです。

春が近づき、就職や進学のため引越しを考えておられる方もたくさんいらっしゃることでしょう。引越しのご予約はお早めに!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

転職にかける出費、「面接準備のため」が1位に

エン・ジャパンは、「転職活動中の消費」に関する調査の結果を発表した。対象は同社サイトを利用する3,998名。

6割が「転職に関わる消費」をした経験あり

「転職に関わる消費をしたか」を質問したところ、60%が「した」、40%が「していない」と回答した。

「消費した」と回答した人に「実際に使った額は当初用意していた転職のための予算と比べてどうか」を聞いたところ、55%で「多い」が最多に。次いで、「予定どおり」(39%)、「少ない」(6%)となった。

平均支出金額をみると、最も高かったのは「引越し」(24万2,374円)。次いで「旅行」(14万9,745円)、「資格取得や勉強、習い事」(13万3,949円)となった。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

引越し先の下見をお忘れなく

「引越し」というと、まず「引っ越し元」に伺い、見積り等を行うのですが、以外と「引越し先」の事で解らない事がよくあります。

まず「引越し先」の道路が一方通行の場合は進入経路を調べなければなりません、大阪市内などはこのような問題がよく発生します。

そして、道路の幅を確認する事、これは大型のトラックが入れるか、角を曲がれるかといった問題があります。狭い道路の多い住宅街に多い事例です。

さらに、集合住宅の場合は、エレベーターの有無・ドアや窓の大きさも調べておく必要があります。大きな家具などが部屋に入らなかったり、階段を使って運ばなければならないと引越し先でトラブルになってしまいます。

引越しに慣れないと、なかなか気付かない事も多いですが、よく確かめてスムーズな引越しにしましょう!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

単身引越し

年も明け、受験シーズンとなりましたが、進学先も決まり、もし1人暮らしを始めるのならその前に知っておかなければならない事もたくさんあります。

引越し先の部屋が広ければ、たくさんの荷物を持っていっても問題はないかもしれません。しかし、単身者が住む家といえば、6畳程度のワンルームマンションが普通ですよね。あまり多くの物を持ち込んでしまうと、部屋が窮屈になるだけでなく、運搬費用もかかります。もし、単身引越しパックを利用するなら、専用ボックスに入る量だけにするのもよいと思います。

会社命令で転勤や単身赴任をするときには、会社が引越し代を負担してくれることが多いです。ただでさえ、高額な出費を強いられる引越し。こうした補助制度を利用することができれば、負担軽減に役立ちますよね。補助の内容などは、会社の就業規則に必ず書いてありますので、引越しの前に内容をチェックしておくとよいと思います。

引越しでよくやってしまうミスは、ダンボールに必要なものまで詰めてしまうことです。それに気づいて慌てて梱包を解いた経験がある方も多いと思います。必要な物のチェックリストを作っておくのがよいでしょう。

ここにあげた以外にも、郵便の転送手続きや電気、ガスの契約変更、お子様がいる場合は学校への手続きなど、事務作業はたくさん!「あーあれ忘れた!」と慌てないためにも、チェックリストなどを利用して、計画的に準備をしましょうね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2016-02


Search
Feeds
Meta

Return to page top