神戸の引越し会社、営業:兵庫、大阪から出発して全国へ
引越不用品の回収・買取、引越ごみの処分もOK
トランクルームも完備してお客様をトータルでサポートします!

電話で見積できます! 携帯OK 0120-11-4021 受付時間:7:00~19:00(年中無休)

Home > お役立ち情報 Archive

お役立ち情報 Archive

荷物保管にトランクルームを活用しよう

便利に使えるトランクルーム

荷物保管のためにトランクルームをレンタルする方が増えています。荷物が増えすぎたときの倉庫として使うことができますし、リフォームや建て替えなどで一時的に荷物を預けたいときなども利用することができます。
荷物が増えすぎて部屋が狭くなったとき、ゴチャゴチャした空間は気持ちが落ち着かないものです。自分の家なのに荷物が多すぎてストレスがたまってしまうと本末転倒です。そんなときトランクルームを利用すれば、部屋に空間の余裕が生まれます。そのまま広く使うことができますし、別の物を置くことも可能になります。
趣味でいろいろなものをコレクションしている場合、家族と一緒に暮らしていると物が増えすぎて家族からクレームが入ることもあります。そんなときもコレクションしたものを預けるためにレンタルをすると穏便に済みます。自分だけの空間をレンタルすることができるので、周囲に気を使う必要はありません。ただコレクションしたものを預けられるだけでなく、自分だけの空間なので自分の好きなようにディスプレイできる楽しさも味わえるのがトランクルームの魅力の一つです。
家族と一緒に暮らしている場合、家族に内緒で買い物をすることもあるでしょうが、できれば家族にばれたくないと考えたとき頼りになるのがトランクルームです。自分一人分の物を預けるなら低価格で利用できるためお小遣いの範囲内で利用できますし、家族に対して内緒にできるので自分の秘密を守ることも可能です。

使う方のニーズに応えてくれる

トランクルームが荷物保管に適していると評判になっているのは、いろいろな人のニーズに応えられるサービスだからです。普段アクティブに過ごしている方の中には、シーズンごとにスポーツを楽しんでいる方もいるでしょう。夏になればサーフィンを、冬になればスキーやスノーボードを楽しむという方は多くいます。サーフボードもウエットスーツも、スキーやスノーボード用品もすべて場所を取るものです。シーズンオフ中はまったく使わないものですから、家の中に保管しておくと邪魔になると考える方も多く、そういった方々の多くがトランクルームを利用しています。
近年は季節を問わずキャンプを楽しむ方も急増しています。キャンプと言えばテントのほかにもさまざまな道具が必要になります。冬になればキャンプ用にストーブやホットカーペットを用意することも珍しくありません。これらは普段は使わないものなので、部屋の中にしまっておくと場所を取ってしまいます。そんなときトランクルームにキャンプ一式道具を保管しておけば、キャンプに行く前に立ち寄って道具を運ぶことができ、キャンプが終わったらトランクルームに立ち寄ってキャンプ道具を預けて帰宅することが可能です。
家族が多い場合は衣替えの季節も困ってしまうことが多いものです。家族の人数分だけ洋服を入れ替えなければなりませんし、オフシーズンの洋服はすべてしまっておく必要があります。場所をたくさん取ってしまうため部屋の中が片付かないことも多くなりますが、そんなときもトランクルームは大活躍します。衣替えの季節に洋服を入れ替えて保管をしておけばいいので、いつでも家の中はすっきりと片付きます。

万が一に備えて利用することもできる

荷物保管のためにトランクルームを利用する方の中には、家のリフォームや引っ越しなどをきっかけに利用する方もいます。マイホームのリフォームや建て替えなどの際、一時的に家財道具を預けることもできるのでとても便利です。365日24時間、いつでも好きなタイミングで荷物を出し入れできるため、利用方法は人それぞれにあるのも魅力的な点です。
最近は万が一に備えて利用する方も増えてきました。それは災害に備えるために利用するという方法です。自然災害は突然やってきます。家の中に災害袋を保管している家庭も増えてきましたが、家の中に保管をしておくだけでは不安になることもあります。そこで、家の中にストックをするだけでなく、トランクルームの中に非常袋などの防災グッズをストックしておくことがおすすめです。さらに万が一災害が起きたときの待ち合わせ場所をトランクルームに決めておけば、携帯電話が通じなくても家族が同じ場所で待ち合わせることも可能で、水や食料のほか着替えなどを分け合うことができます。
トランクルームを利用するメリットはたくさんあります。お手頃な価格で利用できますし、利用する期間は自分で決めることができます。初めに契約した期間が過ぎると自動更新となるのが一般的です。また、自分が預けたい荷物の量に合わせてサイズを選ぶことも可能なので、荷物の量が少なければ一番小さいサイズを利用するとお財布に優しく使うことができます。いま使っていないのなら処分したほうがいいと断捨離が話題になっていますが、どうしても処分できないものもあるでしょう。そんなときトランクルームが心強い味方になってくれます。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

引越しの費用などを考慮しながら準備を進めるには

引越しすることが決まった時にすべきこと

引越しは、荷造りなどの作業だけでなく、役所関係の手続きをしたり知人に連絡したりなど、することがたくさんあります。そのため、細かいところまで目が届かずに必要な手続きを忘れたり、余分なお金を使ったりしてしまいがちです。このような事態を防ぐためには、やるべき内容を書き出したリストを作り、完了した項目に印を付けるなど、効率良く作業を行うことが大切です。お金については、インターネットなどで節約できる方法を調べておくと費用を抑えるコツを知ることができます。お金に関しては気にしていない人でも、同じ金額でより良いサービスを受けられることもあるので、損をしないためにもきちんと調べておく必要があります。引越しをすることが決まった場合は、すぐに情報を集めて準備を進めなくてはなりません。まだ時間があると思って何もしないでいると、時間が足りなくなって慌ててしまい、冷静に判断をすることができなくなります。
引越し作業自体のサービスについては、業者も多くいろいろなサービスを提供しているので、自分に合ったところを見つけ出しやすいです。住んでいる場所や転居先の住所などを使うと、営業エリア内の業者をすぐに見つけることができます。対応可能な業者を調べたら、業者のwebサイトを訪問して、提供されているサービス内容や料金などを詳しく見ます。複数の業者のサイトを見れば、料金の相場やサービスの詳細などについて、比較をしながら調べることができます。ただし、料金だけに注目して業者を評価すると、サービスの質などを見落としてしまうこともあるので注意をしなくてはなりません。

さまざまなサービスメニューが用意されている

同じ引越し業者であっても、荷造りなどは自分でするコース、全部まかせるコースなど、費用が異なる複数のメニューを用意しているところがあります。一部の作業を自分で行うコースは費用を節約できるため、時間に余裕がある方におすすめのコースです。業者が用意した梱包資材を使って、依頼者自身が小物の荷造りをします。家具などの梱包や搬出作業は業者が行い、荷物をトラックで輸送して、搬入と家具の配置をしてくれます。後は、依頼者が小荷物の荷ほどきをします。小物の荷造りと荷ほどきをしなくてはならないので手間と時間が掛かりますが、少しでも節約をしたいのであれば選んだほうがお得です。
全部まかせるコースは、小物の荷造り、家具の梱包、搬出の全てを業者が行います。依頼者は業者に指示をするだけなので、作業の負担が大幅に減ります。その他にも、家具やピアノだけを移動するコースなども利用をすることが可能です。業者によって用意されているサービス内容が異なるので、webサイトを見たり直接問い合わせをしたりして、サービス内容や費用などを確認するようにしましょう。
また、その業者独自のサービスなども調べておくとより費用を節約できます。例えばクーポンなどを利用できる業者であれば、通常料金よりもかなりお得にサービスを利用できます。このような細かい部分は料金などを比較するだけでは分からないので、調べる時にはそのようなサービスがないかどうかも調べておくことがポイントです。

引越しの準備の手順

小物の荷造りなどの作業を依頼者自身が行うと引越しの費用が安くなりますが、テキパキと作業をしないと、引越し当日までに終わらせることができなくなります。小物の荷造りを効率的に行うためには、荷造りをする手順を工夫しなくてはなりません。荷造りは使わないものから梱包用の箱に入れることが重要です。よく使うものを箱に入れてしまうと、また箱から取り出すことになって、なかなか作業が進みません。むやみに荷造りをせずに、まずは使うものと使わないものを選別するようにしましょう。そして荷ほどきをする時のことも考えて、移転先で同じ場所に配置するものは同じ箱に入れると手間が省けます。このように、荷造りするものについてよく考えて作業を進めれば、効率良く荷造りが進み、日常生活に大きな影響を与えることがありません。
梱包用の箱に入れる際も、種類に応じて適切な方法を用いる必要があります。食器などの割れやすいものやキズ付きやすいものは、1個ずつ包んでから箱に入れて、周囲のものとぶつからないように工夫をします。輸送中に動かないように、箱に入れることも大切です。小物類については、一つずつ確認して梱包していくと時間が掛かるので、捨てても良いものは梱包せずに廃棄をしたほうが、作業時間を短縮させることができます。家具、たんす、本棚などは、中に収納してあるものを全て出した状態にしておきます。このように荷造りを進めていくことになりますが、引越し当日までに余裕を持って終わるように、無理のないスケジュールを立てておくことが必要です。無理なスケジュールを立ててしまうと、結局スケジュール通りに進まなくなってしまいます。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

トランクルームを利用する3つのメリット

自宅スペースを有効活用できる

自宅にいろいろなものがあって物置や押し入れがいっぱいになっているけどごみとして捨てるわけにはいかない、というような悩みを抱えているのであれば、トランクルームを利用するといいでしょう。自宅に収納しきれない荷物を一時的に預かってもらえるサービスのことです。トランクルームのメリットはいくつかありますが、その中でも最大のメリットは自宅のスペースが広がる点です。あまり使わないものを預けられますから、その分収納スペースが空くはずです。そうすれば、部屋の中の整理整頓もできます。
また押し入れなどに荷物がたくさん入っていると、自分が使いたいものがなかなか見つからないということも往々にしてあります。特に押し入れなどの収納場所の奥に入っている荷物を取り出すとなると一大事です。結局見つからずに、なくしたと勘違いをする可能性もあります。自宅に保管する荷物を必要最小限にすることで、必要なものを簡単に取り出せるようになり、より効率的に時間を使えるでしょう。
使用頻度が少なく、オフシーズンで当面使用する予定のないものはトランクルームに預けましょう。そして使用頻度の多いものは自宅に置いておくなどの使い分けも可能です。トランクルームの場合、短期間だけ借りることも可能な半面、年単位といった長期の利用にも対応しています。捨てるのがもったいない、踏ん切りがつかないといったものでも長期間保管してもらえるので自宅の整理をする際におすすめです。

トランクルームを利用すれば家族に気を遣う必要がない

一人暮らしであればいいのですが、家族やパートナーと一緒に生活している人は共同生活を送らねばなりません。その場合、自分が大事にしているものを自宅の収納スペースにしまうのがはばかられるというケースも結構見られます。例えば趣味のものをコレクションしている場合、一緒に住んでいる家族などからは早く処分してほしいなどと言われてしまうこともあるかもしれません。
また知らないうちに、自分の大事なものを間違って処分されてしまったという話もよく聞きます。自分のものを周りに気を使わずに保管できるのもトランクルームのメリットの一つです。トランクルームは完全に自分のプライベートな空間が約束されています。ですから自分の大事なものを置いておけます。
男性の中にはプラモデルやフィギュアをコレクションとして集めている人も多いです。しかしこのようなコレクションの世界は、女性にはなかなか理解してもらえない傾向があります。またフィギュアの場合、女性がそれを見ると引いてしまうのではないかと不安に感じている男性もいるのではないでしょうか。一緒に暮らす部屋には置いておけない、でも捨てるわけにもいかないといったときにはトランクルームを活用するという方法があります。トランクルームのユーザーは、基本的にいつでも荷物を取り出すことが可能です。プラモデルやフィギュアを見たくなったときにだけ現場に赴くといったこともできます。
その他にも、スキー用品やテントのようなかさばるレジャー用品も、使用しないときには預けておくと生活空間が広くなります。

いろいろな活用法があるのもメリット

このように荷物を一時的に預かってもらえるトランクルームは、いろいろな場面で活用できるのもメリットの一つです。例えば引越しした経験のある人はお分かりでしょうが、新居で段ボール詰めされた荷物が部屋に長いこと置きっぱなしになっていることはありませんか。なかなか部屋のものが片付かなくて、辟易している人もいるでしょう。そのような場合、オフシーズンのものなどしばらく使いそうにないものはトランクルームに預けてしまいます。そうすれば、部屋の片付けもスムーズに進み、すっきり整理整頓することができます。片付けができれば、空きスペースも作りやすくなります。ここにあのアイテムを入れようというイメージができてから、預けていた荷物を引き取りに行くことも可能です。
その他にも、マイホームをお持ちの人でリフォームを検討している人も近年増えています。大掛かりな工事が必要な場合に一時仮住まいをすることがありますが、そのときに家にあるものを全部持っていくとなると大変です。そこで必要なものだけを仮住まいに持っていって、残りはトランクで保管するといった使い方もできます。
また、日本はどこでも大きな災害に見舞われるリスクがあります。台風や大雪、さらに震災クラスの地震が起こらないとも限りません。このような大規模災害が起きると、インフラが機能しなくなることもあり得ます。そのような場合でも当面必要最低限のグッズがあれば、何とか乗り切ることができます。そのために防災グッズをいざというときのために準備しておきたいと考える人も多いでしょう。しかし自宅に置くスペースがないといったときに、トランクルームを活用する手があります。水や非常食を預けておけば、いざというときに安心です。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

オフィス移転を神戸でスムーズに行うためのコツ

荷物の整理は早めに始めること

神戸市でオフィス移転を検討している事業者の方も多いでしょう。神戸市にはオフィス街の広がっているエリアもあって、ビジネスをするには適した環境も整っているからです。
もしオフィス移転を検討しているようであれば、一つのポイントになるのが荷造りです。業者の中にはパックといって荷造りまでお願いできるサービスもあります。普通は業者にお願いする場合でも、荷造りは自分で行うのが標準のコースです。しかし時間がないようであれば、こちらの利用を検討してみるといいでしょう。

引っ越しの準備をする際に重要なのは、荷物整理です。できるだけ新しい事務所に持っていく荷物を少なくできれば、搬出入の負担も軽減できます。必要のない荷物かどうかの判断基準は、近年使用しているかどうかです。
少なくとも最後に使ってから1年以上経過しているのであれば、それは処分しても問題はないでしょう。もしかしたら今後使うかもしれないと思うこともありますが、確実に使用する明確な予定がある場合を除き、処分して困ることはまずありません。

荷物の整理は早めに行った方が安心です。それぞれの事業によって個別の事情もあるでしょうが、基本的には実際に移動する1カ月くらい前までに準備のめどをつけておくべきです。ただし荷造りに関しては、直前まで行わない方がいいでしょう。
仕事で使用するものなのに、荷造りをしてしまったらまたそれを解く必要が生じ、二度手間になるからです。差し当たって使用する必要のないものから荷造りを始めます。そのほかには書類の整理が重要なポイントです。いい加減に始末をしてしまうと、情報漏えいの可能性が出てきます。リスクを回避するためにもシュレッダーなどを使って処分するようにしましょう。

荷造りをする際のポイント

神戸市の業者にオフィス移転の依頼をすると、必要な備品はすべて手配してくれます。段ボールやガムテープなどは自分たちで準備する必要はありません。ここで重要なのは、どのように荷造りするかです。
あとで困らないようにするために、いくつか注意すべき点があります。まず段ボールですが、サイズによって数種類に分けられています。ポイントになるのは段ボールの大きさに合わせて入れるものを考えることです。小さい段ボールには書籍や書類のような重たいものを入れ、大きな段ボールには文具や備品のような比較的軽いものを収容しましょう。

会社によっては備品の中に湯飲みなどの割れ物が含まれていることもあります。その場合には割れ物シールを貼るか、赤いフェルトペンなどで、割れ物注意と明記しておきます。
そのほかには、どこに何を置くのか、しまう場所によって分けるのもポイントです。そうすれば新しいオフィスに移転したあと、荷ほどきをする際に効率的に進めることができます。部屋別、引き出し別に入れるものを分類しておくと、整理の作業効率もアップします。

現在のビジネスで、パソコンは業種に関係なく欠かせないツールでしょう。パソコンにつきものなのがケーブル類です。神戸市でオフィス移転をした方の体験談もネット上で掲載されていますが、その中でしばしば見られるのは、ケーブルの接続で苦労したというものです。そこで、このケーブルはどこで使用するかといったことを番号などで印をつけておくといいでしょう。そうすれば、移転先で接続をどうすればいいかと迷うことはなくなります。


お世話になっているところへのあいさつは忘れずに

オフィス移転をする場合、取引先をはじめとしてお世話になっている人へのあいさつはしっかり行いたいところです。確かに移動すると、各種手続きや日常業務もあって後回しにしてしまいがちです。しかし速やかに案内をしておけば、相手からの印象も変わってきます。より強い信頼関係を構築するためにも、速やかにあいさつをすることが大切です。

あいさつを行うタイミングですが、移転をすることが決まった段階で進めた方がいいでしょう。そして取引先には、その案内が引っ越しの1カ月前までに届くように手配しておきましょう。こうすれば、請求書や納品書などがスムーズに新しい神戸市の住所に届きます。案内の文面には移転する旨と、いつから新オフィスで営業を開始するかを明記しておきましょう。

ここで問題になるのは、どのような方法で案内すればいいのかについてです。中にはメールでも構わないのではないかと思っている人もいるでしょう。今ではビジネスのやり取りはメール中心という方も少なくありません。
しかし、やはりこうしたあいさつ状は、はがきで用意をするのがマナーです。オフィスの移転は自分たちの会社だけでなく、取引のある相手先にも住所の差し替えやデータの入れ替えなどをしてもらう必要があります。相手に何らかの手間を掛けさせることになりますので、日頃の感謝を表すとともに、今後とも長いお付き合いをお願いする気持ちを込めて、はがきを送るようにしましょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

神戸で会社引越しをした際の必要な手続き

引越しをしたら取引先に伝えることが大事

神戸市にはオフィス街の広がっている地域もいくつかあります。
会社を神戸市に引越して、ビジネスチャンスを広げたいと思っている人もいるでしょう。公共交通機関も発達しているので、フットワークも軽くなり、楽に移動することができます。
何か不測の事態が起きた場合でも、迅速な対応が可能となります。ただし引越しする際には、実際の作業のほかにもいろいろな手続きを済ませる必要があります。

まずは取引先に会社が移転したことを報告しましょう。これは実際に引越しする前に手配を進める必要があります。またメールではなく、やはり手紙やはがきなどで伝える方がマナー的に好ましいです。
引越した当日かその前までに先方に届くように手配するのがおすすめです。そうなってくると、2、3週間前あたりから準備を進めるといいでしょう。ただし、送付先を名刺などからデータを起こす場合には、意外と時間がかかります。その場合にはさらに前倒しして準備します。

中にはメルマガなどを配信している会社もあるでしょう。そのほかにも自前のホームページやブログなどメディアを持っている場合は、その読者に対しても移転したことを伝えます。
こちらについてははがきを送付する必要はなく、ホームページやブログ、メルマガなどで通知すれば十分です。こちらははがきを使った通知よりも時間はかかりません。
だいたい1、2週間の準備期間と想定して、準備を進めておくといいでしょう。誰にでも分かりやすい文面を作ってお知らせするように注意が必要です。


各種手続きも忘れずに行おう

そのほかにも神戸市に会社を移転する際には、手続きをしておかないといけない項目があります。例えば保険に加入しているところも多いでしょうが、その場合住所変更手続きを済ませておかないといけません。
保険会社によって異なりますが、電話もしくはWebサイトから手続きできるところが多くあります。

いろいろな保険に加入しているケースもあるので、保険会社と種類をリストアップしておきましょう。そうすれば、スムーズに手続きを進められます。保険会社の連絡先と被保険者、証券番号も手元に用意しておくと作業も迅速に進めることができます。
保険証券をどこに入れたか思い出して準備します。どの程度加入しているかによっても変わってきますが、1カ月程度かかると思っておきましょう。

会社経営していれば、法人用の銀行口座を持っているはずです。そこで口座開設している金融機関に、住所変更の手続きを行わないといけません。ネットバンキングの場合、Web上で手続きできる場合もあります。しかしそのほかの金融機関であれば、実際に神戸の最寄りの支店に行って手続きをしなければならないでしょう。手続き自体は1日で済むこともあります。
しかし通帳や印鑑、登記簿謄本などが必要になります。何を持参すればいいか、二度手間にならないためにもあらかじめ電話などで問い合わせしておくといいです。登記簿謄本では住所変更後の情報が書かれていなければなりません。そこで移転した後にこの手続きをするのも忘れないようにしましょう。

郵便局での住所変更手続きも必要です。こちらはインターネットで手続きができるようになっています。この手続きをしておけば、取引先などが誤って旧住所に郵便物を送った場合でも現住所の方に転送してくれます。
転送サービスは、具体的に開始日を指定できます。この日付指定は1週間かかりますから、実際に引越す1週間前までには完了させておきましょう。だいたい20分もあれば済ませられる手続きになっています。

設備関連の住所変更も忘れずに

会社の中では、複合機などいろいろな設備を使用しています。購入して自前というところもあれば、特に大型の設備の場合、リース契約しているケースもあります。神戸に引越しをした場合、リース会社に住所の変わったことを通知しておかないといけません。リース先に対しては、電話連絡をしておけば、先方が適切に対処してくれます。
通常なら1、2週間前あたりで話をしておけばいいでしょう。しかし中には、移転するギリギリまで使用する機器もあるかもしれません。そのようなものがあれば、あらかじめ調整をしておく必要があります。

消耗品を購入するにあたって、通販サイトを利用している会社も多いでしょう。いちいちお店に行く必要がないので、業務の効率化を図れるからです。
もし消耗品や備品を購入する際に通販サイトを利用しているのであれば、住所変更しておかないと前のところに商品が届いてしまいます。こちらはインターネットで手続きができるはずです。ログインしてマイページに入って、そこで登録されている住所を新しい神戸のものに変更しておきましょう。

このように、会社を引越しする際には、いろいろと済ませないといけないことが出てきます。チェックリストを作って、すべて行えているかどうか、こまめに確認することは大切です。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

神戸の荷物預かりサービスなどを利用する場合は

住まいやオフィスの引っ越し、リフォームなどをお考えの方へ

神戸などで引っ越しやリフォームをする場合には、荷物預かりのサービスを利用すると便利です。
住居やオフィスを移転するにあたって、従来よりも移転先の物件の方が狭い場合、新しい物件に荷物が入りきらないという問題が起こり得ます。
また、住宅リフォームをする際、工事のために荷物の保管スペースが少なくなるという可能性もあります。その他に、不動産などの強制執行によって回収した荷物の置き場所に困ったり、不用品を処分したいものの回収日時までに一定の期間があり、一時的な保管場所が必要になったりすることもあります。そういった問題を解決するために役立つのが、荷物預かりのサービスです。
こちらは読んで字のごとく、専門の業者が荷物を預かってくれるというサービスになります。荷物預かりは、引っ越しやリフォームなどに際して一時的に利用するほか、物置や倉庫の代わりに継続的な利用をすることも可能です。
荷物預かりを利用する場合、不用品回収のサービスと組み合わせるとさらに活用シーンが広くなります。こちらの方法を実践すると、それぞれのサービスを別々に手配する必要がないので、手続きにかかるエネルギーや時間、コストの負担が少なくて済むというメリットがあります。
また、自宅やオフィスにある物品をとりあえず預かってもらい、後に不用と判断したものを処分してもらうということも可能です。業者の中には、荷物預かりと不用品回収の両方のサービス利用者を対象として、料金を割り引きするという特典を設けているところもあります。

引っ越しの作業にかかる負担を軽減する方法などを紹介

神戸などで日常生活を送る中で急に引っ越しが決まると、自分たちで荷造りや荷ほどきをすることが難しいこともあります。
そのような場合には、荷物の運搬だけではなく荷造りや荷ほどきのサービスも取り扱っている業者が存在するので、利用してみるのも良いでしょう。
また、住まいや事務所の移転は、自宅やオフィスにあるさまざまな物品を整理するチャンスにもなります。引っ越しをきっかけとして不用品を処分すれば、移転先ではすっきりとした環境の中で新たなスタートを切ることができます。
ただし、不用品の処分は、それぞれの自治体で定められた方法に従って行なう必要があります。不用品回収の日時や分別方法などは各自治体によって違いがあるので、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。とは言うものの、実際に引っ越しをするにあたっては、他の作業が忙しくて不用品の処分にまで手が回らないということも考えられます。また、自治体の回収日時までに期間がある場合、一時的に不用品を置いておく必要性が生じることもあります。
それらの問題を解決するためには、専門の業者による荷物預かりや不用品回収のサービスを利用するのも一つの方法です。業者に荷物を預けてその中から不用品を処分してもらう場合、自分たちでゴミを分別したり自治体の回収日時まで保管したりする必要がないので、エネルギーや時間の負担が軽くて済みます。
その他に、家電品などの買取りサービスを提供している業者も存在します。こちらのサービスを利用すると、不用品を処分するだけではなく対価としての金銭的メリットを得ることも可能になります。特に、引っ越しの時には何かと物入りになるので、家電などの買取りサービスを利用して資金を確保することを検討するのも良いでしょう。

荷物預かりなどのサービスに関する情報

これから神戸などの荷物預かりサービスを利用する場合、一人ひとりの置かれている状況や目的にマッチしたサービスを選択することが大切です。
例えば、住まいやオフィスの建て替え、リフォームなどをするにあたって荷物の一時的な保管場所が必要となった場合、一時預かりのサービスを選ぶと良いでしょう。また、いつでも荷物の出し入れが可能なサービスは、日々の暮らしの中で倉庫や物置の代わりに利用することができます。
また、部屋の模様替えをしたいという気持ちがあるものの、自分たちでは移動させることが難しい物品があって困っているという人がいるかもしれません。ピアノや金庫、コピー機などの重量物や大型家具を移動させる作業には、それなりの手間暇がかかります。
そうした作業を無理に自分たちだけで行なうと、運んでいる荷物をぶつけたり落としたりして、荷物や建物を損傷したりけがをするリスクがあるので注意の必要があります。業者の中には、建物内での家具移動も行なっているところがあるので、利用を検討してみると良いでしょう。
そして、引っ越しの荷造りや荷物運搬などを行なう場合、段ボールやガムテープなどの梱包資材を用意する必要があります。引っ越し業務を手掛ける業者の中には、段ボールやガムテープ、エアキャップ、ハンガーボックスの無料レンタルを行なっているところもあります。便利に利用できる業者を比較検討することで、後悔が少なくなるでしょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

オフィスを移転させる際の段取りについて

移転をする前に必要なこと

まずは今まで借りていた管理会社に解約通知を出します。
これは通常のオフィスなら6カ月前に出しますが、小さな事務所の場合は3カ月前に出せば良い場合もあるので、敷金や委託金の返却時期と併せて賃貸契約書の内容を確認しておきます。
続いて新オフィスへ入居できるかどうかの確認を行います。特に新築の場合は非常に重要になるので、見学の際にしっかり確認をしましょう。
次に原状回復のための工事の手配を行います。これは契約の中に入っていることがほとんどのため、必ず行うことが求められます。工事業者が指定されていない場合は自分で業者を探す必要があります。民法には原状回復を行うのは引き渡し当日までと定められているので、移転の2カ月前までには工事の発注を済ませておくようにしましょう。
見積もりの際には管理会社と原状回復の範囲を確認しながら見積もりを行います。床の傷一つでも、管理会社によって周辺の修理で済ませる場合と床全ての張り替えが必要な場合とがあるので、後々トラブルにならないようしっかりと確認をすることが大切です。
オフィスの什器は新しくする場合、オフィスのレイアウトを決めて新しく買い直すものとリースするものとを洗い出し、それぞれ発注を行います。そして今まで使用していた什器を廃棄しますが、現在では中古の買い取り市場も盛んなので、買い取ってもらうと移転費用を安く抑えられます。
この作業はレイアウトが完成してから1カ月の間に行うことが一般的です。

新しいオフィスの選び方

まず、数年後の会社の規模がどれくらいになっているかを予想しましょう。
ベンチャー企業の場合は現在の従業員数で新しい場所を決めてしまい、すぐ手狭になって移転を繰り返すケースがあります。数年後の人員に合わせて、余裕を持った広さの部屋を借りるようにすると長く使えます。
また、新しく移る際の費用としては契約金の他に内装費や什器代、引っ越し代も掛かるので、それらも含めて予算を組むようにします。
条件と予算が決定したら実際の物件探しが始まります。昔は不動産屋や会社間のつてを頼って物件を探すことがほとんどでしたが、現在ではインターネットによる無料検索が広く使われていますので、活用をすることがおすすめです。なお、同じ物件でも紹介業者によって契約金が異なる場合があるので、複数のサイトを見比べるようにしましょう。
物件が決まったら申し込みを行いますが、申し込みは自分たちが入居する際の意思表示となります。敷金や礼金の減額やお手洗いの改装など、自分たちの主張を最大限提示しておくことが大切です。申し込みの際には決算書や会社謄本など審査の書類をメールでやり取りする必要があります。必要になる書類はほとんど同じですので、しっかりとセキュリティを掛けてメールで送付をしてください。双方が納得し、条件が整えばそこで契約を行います。規模や工事内容にもよりますが、原状回復などのために1カ月程度は重複期間を設けます。申し込みのときとは違って契約の際には書類の原本、それも取得して3カ月以内のものが必要になるので注意をしましょう。

オフィスの引っ越し当日からその後の流れ

まずは作成したレイアウトに基づいて内装や設備、インフラ工事を行います。
昔はそれぞれ別の工事会社に依頼する必要があり調整が大変でしたが、最近ではワンストップで発注をできる業者も増えてきました。そのためスピーディーかつ割安に工事を発注することができます。それと同時に引っ越し業者を複数社あたって見積もりを作成し、実際に引っ越しを頼む業者を選定します。これは2カ月前までに行います。
次に社内で行う作業ですが、まず社員全体に引っ越しを行うことを通達し、引っ越しの際に行う作業を割り振ります。そして取引先に1カ月前までに移転案内を発送し、封筒や名刺など各種印刷物の発注をします。コンピューターに関しては安全のために業者にバックアップを依頼し、使わないものから順次梱包していきます。そして当日は積み残しや搬入トラブルがないかしっかり立ち会って引っ越しを行います。
引っ越しが終わってからもやることはまだまだあります。官公庁への届け出は引っ越しをした後に行いますが、書類は1カ月前には用意しておいたほうが良いでしょう。これは自分で行うよりも日頃からお付き合いのある行政書士や公認会計士にお願いするほうが確実です。
その後に、通信やライフラインの手続きとリース会社への住所変更手続きが必要です。原状回復工事を行い、古い事務所を管理会社に返却してようやく引っ越し作業が完了します。
小規模な会社でしたら担当部署で作業を分担させれば自分の会社内でもなんとかなりますが、規模が大きくなってくると爆発的に人手が必要となってしまうため、現在では引っ越し業務全般をアウトソーシングする選択もあります。通常業務が忙しくて時間が取れない場合や、経験がなくどれから手を付ければ良いかやって見る段階になって不安になるケースもあるので、確実に引っ越しを行う場合にはアウトソーシングをすることが最善の方法です。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

家族での引越や単身引越をする時の用意とは

荷物を運ぶだけでは引越先で生活できない

引越しの準備は、ただ荷物を運び出せるようにするだけでは不十分です。
役所に行って転出届けや健康保険の手続きをしておく必要もありますし、電話や電気、ガスなどの手続きもしておかなくてはなりません。こうした手続きをしておかないと、転居先で必要となるサービスを受けられないこともありますし、無駄な費用を払うことになってしまいます。そのため、引越しすることが決まった時には、一カ月前くらいから少しずつ手続きを完了させておかないといけません。
引越しするのに伴って、するべき手続きが複数ありますから、リストを作って計画的に処理をするべきです。一人で全ての手続きをしようとすると見落としてしまうこともあるので、家族や友人など複数の人でリストを作ってチェックすると安心です。
引越業者への依頼する場合も、事前に見積もりをしてもらい、予算やスケジュールを決めておかないとスムーズに引越しできなくなります。引越しが集中する繁忙期は業者側も忙しくなるので、希望する日時に依頼できないこともありますから、スケジュールに余裕を持って作業を依頼しなくてはなりません。
実際の引越作業に関しては、小さな荷造りをしてそれ以外の作業は業者に任せ、引越先では小さな荷物の荷ほどきをするのが基本的な依頼者の作業内容です。依頼者が作業しなくてはなりませんが、業者の作業量が減るために費用を節約することができます。
家の中に小物が多いと大変ですが、荷物の少ない単身引越などであれば、それほど負担に感じることもありません。

引越しに関わる便利なサービスが数多く用意されている

単身引越で片付けをする時間がなかったり大家族で引越しする場合は、新居で小物の荷をほどくだけで良いプランを利用すると便利です。
小物の整理がされていなくても、引越業者にどのように小物を荷造りするのか指示するだけで、新居まで荷物を全部運んでくれます。大きな家具などは指定した位置に置いてくれますから、後は小物の荷ほどきをして好きな場所に置くだけです。
さらに、引越しを楽に済ませたいのであれば、小物の荷ほどきまで業者に依頼するプランも利用できます。新居での小物の荷ほどきも、指示した通り業者が行いますので、利用者がする作業を少なくすることが可能です。業者に依頼する作業が多くなるほど料金は高くなりますが、その分体を使わなくて済みます。
以前は引越しすると家族全員が大変な思いしていましたが、今では便利なサービスが利用できるようになりました。 他にも、荷物の一時的な保管や不用品を回収するサービスなどを用意している引越業者も少なくありません。引越しに関するサービスを複数の業者に依頼すると、業者の選定をするほか、依頼内容を業者に指示する手間が掛かってしまいますが、1つの業者に任せれば効率的な作業が期待できます。引越しの前後は何かと忙しくなりますから、できるだけ負担を減らして効率良い作業を進めることも考えるべきです。
無理に頑張ってしまうと、引越しの翌日からの生活や仕事に影響が出てきますから、引越業者と相談しながらできるだけ負担の少ない方法を選択しなくてはなりません。引越業者は、引越しに関しては豊富な経験と知識を基づいて、適切なアドバイスを行います。

引越費用を抑えるための工夫

小物の荷造りや荷ほどきを自分でする以外にも、引越費用を抑える工夫はあります。まず運搬する荷物を、減らす努力をすることです。引越しの料金は運ぶ荷物に比例して高くなりますから、不必要な荷物は引越しする前に処分するのが賢明です。
中古品買取店などを利用して売却できるものは売却し、捨てる以外に処分方法がないものは処分します。処分するために費用が掛かるもののありますが、無駄な引越費用が発生させないためには、捨ててしまうのが一番です。
無駄なものを処分してしまえば引越費用が抑えられるだけではなく、住まいを広く使えるというメリットもあります。引越しする時は、無駄なものを思い切って処分してしまう良い機会です。新しい生活に必要ないと思うものは、思い切って処分すべきです。一定の期間使わないものは処分するなどというルールを決めると、時間を掛けずに処分できるようになります。
また、3月から4月、7月から8月の皆が引越しするシーズンを避けて、引越しするのも引越費用を抑えるのに効果がある方法です。これは引越しの時期を自由に選べる人しか使えない手段ですが、引越しシーズン以外は業者も余裕がありますから、業者の都合に良い日時に合わせることで料金を抑えることが可能となります。
他にも自分でできるだけ荷物を運ぶという方法もありますが、重い荷物を運ばなくてはならないので体がしんどくなる可能性があります。荷物の少ない単身引越であれば可能かもしれませんが、無理をして重い荷物を運ぶと体を壊してしまうこともあります。引越費用を抑えることも大事ですが、生活や仕事に影響が出ないように注意しなくてはなりません。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

神戸で便利な荷物預かりサービスを利用する方法

引越しする時に便利に使える荷物預かりサービス

引越しの際に問題になるのが、現在持っている荷物の扱いについてです。
荷物の量が少なければそれほど問題になることもありませんが、事務所を移転する時などは、荷物の管理や運搬が大変な作業となります。きちんと管理していないとどこにあるのか分からない状態となって、必要なものをすぐに取り出すことができません。
そのような問題を解決したい時に利用できるのが、荷物預かりサービスです。
使用頻度の少ないものを一時的に預ければ、荷物の量も少なくなって引越し作業も楽になります。引越しに関わる作業が一段落付いて余裕ができた時に、預けておいた品物を持ってくれば、負担を軽くすることができます。荷物預かりなどを利用すれば、大変と思える引越しも楽に行えます。 荷物預かりサービスを提供する会社は数多くありますが、きめ細かいサービスを期待するなら、地元の会社を利用することを検討するべきでしょう。
神戸周辺で引越しをする時に、荷物預かりサービスを利用するのであれば、神戸や大阪に対応している会社を選ぶと丁寧に対応してくれます。荷物を保管するサービスは、荷物の保管だけを専門とする業者だけではなく、引越し業者も対応してくれますから、引越し作業全般を一社に任せたい場合は、引越し業者に依頼することを検討してみましょう。引越し作業と荷物保管の指示を複数の会社にする手間が省けて、より効率的に作業を進めることができます。
最近の引越し業者は荷物を運搬するだけではなく、荷物の保管や不用品の処分など、豊富なサービスを提供しています。業者によって提供可能なサービスは異なりますから、どのようなサービスが利用できるのか問い合わせてみましょう。

さまざまな利用ができる荷物預かりサービス

荷物預かりサービスは、引越しの時に一時的に利用する以外にも、便利な使い方がいろいろとできます。
住んでいる家を建て替えたり、大規模なリフォームをしたりする際にも利用することが可能です。建て替えなどで現在の住まいが使えない時は、同じ規模の建物を借りる人が多いですが、それでは家賃も高くなってしまいます。一時的に荷物を置いておくために広すぎる建物を借りてしまうと、デッドスペースが大きくなってしまい、建物を有効活用しているとは言えません。
その点、荷物預かりサービスを利用して使わない荷物を預ければ、その分小さな建物で済むため家賃も安くなり、建物を掃除するなどの手間も減らせます。荷物を置くことで場所を取られることもなくなるので、広々とした環境で生活をすることができます。
その他にも、亡くなった方の住まいを処分するために、遺品を一時的に保管する時にも利用することが可能です。遺品の中身は、亡くなった本人しか分からないものも多いので、安易に判断して処分してしまうと後で問題になる可能性もあります。そのため慎重に扱わなくてはなりません。
しかし、遺品の整理に時間を掛けていると、住まいの処分ができなくなりますから、荷物預かりサービスに遺品だけを保管しておくと効率的です。荷物預かりサービスには、24時間好きな時に荷物を出し入れできるタイプもありますので、時間に余裕がある時に遺品を出して整理することができるようになります。
荷物預かりサービスはこのように、さまざまな使い方があります。神戸に住んでいるのなら神戸にある荷物預かりサービスを探しておくと、急な時でも便利に利用できます。

荷物を預ける業者の選び方

荷物預かりサービスが普及してきたので、サービスを提供する業者も増えてきました。
保管用スペースに、適切な方法で荷物を保管するのが荷物預かりの基本的なサービス内容となっていますが、細かいサービス内容については、それぞれの業者によって異なります。まず注目するべきは、利用できるスペースの広さと料金についてです。
小さなスペースを短期間だけ利用する場合は、料金の違いは気にするほどではありませんが、大きなスペースを長期間利用すると大きな差が生じます。荷物の保管を依頼する前に、きちんと料金体系について確認をするようにしましょう。
保管スペースに荷物を持って行くと、思っていた以上に料金が掛かることもありますから、利用する前に見積もりをしてもらっておくことが重要です。 料金と共に、荷物を預けることになる保管スペースの場所に関しても確かめておく必要があります。料金が安くても遠い場所へ保管することになると、荷物を取りに行ったり預けたりするのが大変です。神戸や大阪などで利用する場合は、その地域に保管場所があることを調べておかなくてはなりません。さらに、荷物の出し入れができる時間や、どのような状態で荷物を保管することになるのかなども、事前にチェックしておくことが大切です。
サービス内容を理解しないまま利用してしまうと、必要な時に荷物の出し入れができなかったり、保管している間に荷物が劣化してしまったりする可能性もあります。荷物預かりサービスを満足の行くように活用するためには、サービスの内容を理解した上で、十分な準備をしておくことが肝心です。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > お役立ち情報 Archive


Search
Feeds
Meta

Return to page top