神戸の引越し会社、営業:兵庫、大阪から出発して全国へ
引越不用品の回収・買取、引越ごみの処分もOK
トランクルームも完備してお客様をトータルでサポートします!

電話で見積できます! 携帯OK 0120-11-4021 受付時間:7:00~19:00(年中無休)

Home > Archives > 2019-02

2019-02

気持ちの良い引越しを

引越しする時に挨拶するにも注意点があります。
〇引越しの挨拶では自分と家族の紹介をしましょう。
〇引越しの当日に挨拶をする。しかし、夜遅くならば翌日に挨拶するようにしましょう。
〇不在だったら日を改めて挨拶するか、「挨拶の手紙を添えた手土産」を郵便受けに投函しましょう。
〇ストーカー等の被害に合うかもしれないので、一人暮らしの女性は挨拶をしなくてもいいと思います。

引越の挨拶をしない方もいらっしゃいますが近所の人たちを友好的な関係を築くためにも
「引越しの挨拶」はとても大切なことです。


  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

すっきりシンプルに

皆様こんにちは!
日が長くなるのを感じるなど少しずつ春の訪れを肌で感じる日も多くなってきましたね。



引越しでは荷造りにはとても苦労します。

物を減らすためにも「断捨離」をしてみてはいかがでしょうか?

まず捨てるもの捨てないものを選びます。

〇それを最近使ったか?

〇それを気に入って保管してたか?

これらに当てはまらないものは「捨ててもいいもの」になると思います。

断捨離には「すっきりシンプルに、楽しく暮らしたい!!」という気持ちが大切です。
ぜひその気持ちを持ち続けて下さいね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「びっくり」

引越では、梱包する際にいろんなものを発見したりしますね。

〇見当たらなくなったアルバム・写真(なつかしくてついつい見てしまいますね。)

〇なくしていた指輪などの貴重品(うれしいですね。)

〇忘れていたへそくりを見つけた(ラッキー!)

〇昔の日記(なつかしい)

しかし、アルバムや昔の日記は、読み込むと引越作業が遅れてしまったりするので、
見るのはほどほどにしてくださいね。


  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「何度も下見」

皆様こんにちは。
春が近づき、就職や進学のため引越しを考えておられる方もたくさんいらっしゃることでしょう。

物件選びの条件には駅から近い・通勤時間が短いなどといろいろあると思います。
しかし、いざ住んでみると、「近所の騒音がうるさい」「スーパーが近くにない」等
思った物件と違うということがあります。
そういう方は物件を選んだら一回だけではなく、時間があるかぎり、じっくり下見することをお勧めします。

慎重によく考えて、よりよい物件をさがしてくださいね。


  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

信頼できる引越し業者の選び方

ネットには、数多くの引越し業者が存在します。引っ越し業者選びのポイントは、まずはしっかりとホームページが運営されているかどうか、無料サービスがあるかどうか、料金プランが充実しているかどうか、無料見積もりにも対応しているかどうか、段ボールを無料で貸し出してくれるかなどを確認しておく必要があります。なお、どんなに安いプランが用意されていても、対応に難がある業者は選ばないようにしましょう。
引っ越しの際は、納得感と満足感の両方を満たしてくれる引越し業者を選びたいもの。そのためには、料金やプランだけでなく、サービスにも注目して選ぶことをおすすめします。

今回は、信頼できる引越し業者の選び方についてご紹介します。


・1. しっかりとホームページが運営されているか

信頼できる引越し業者を選ぶときのポイントは、ホームページの運営がしっかりされているか、ということです。
大きな業者であればあるほど、ホームページの運営に力を入れています。
なぜなら、ホームページをきちんと運営していれば、お客さんからの信頼が得やすくな理ますし、宣伝にも繋がるからです。

ホームページを設けていない引越し業者でも、とても良心的な引越し業者はもちろん存在しますが、引越し激戦区のネット社会でしっかりと顧客を掴み企業として勝ち抜いていくには、やはりサイト運営に力を入れた方が、顧客の信頼を勝ち取ることができます。

そういった引越し業者は、会社自体に力があるので、さまざまなサービスやキャンペーンを行っている場合が多く、お得なのです。

・2. 無料サービスの良し悪し

信頼できる引越し業者を選ぶポイント2つめは、無料でどこまで引越し作業をやってくれるかということを把握することです。

基本的に、引越し業者を選ぶ際には、なるべく多くの引越し業者の情報を得ることが大切です。
メモ書きでも良いので、引越し業者ごとのサービスやキャンペーンをまとめておきましょう。
例えば、引越し業者によっては、引越し時にでた不用品(家電や家具など)を無料で引き取ってくれるところもあります。大型の不用品を自分で捨てるには、お金がかかるので引越し業者が引き取ってくれると助かりますね。
また、電気工事やハウスクリーニングなど、他の業者に依頼しなければいけないことまでも請け負ってくれる場合もあるので、そういったサービスが充実した引越し業者を見つけることで、引越しの快適さ、面倒さが大きく変わってきます。

・3. プランが充実しているか

お客さんのことをしっかり考えている引越し業者は、多くのプランを展開しています。
それは、お客さんのニーズにしっかりと寄り添おうという気持ちの表れです。
引越しをする人には、それぞれの引越し理由があります。
単身で引越しをする人、家族で引越しをする人、学生が上京のために引越しをする、といったさまざまなシーンにぴったりの引越しプランを用意してくれている業者は、信頼できるかいなかを測る上で重要です。

・4. 段ボールやガムテープを無料で提供してくれるか

ネットは引越し業者が多く存在する激戦区ですので、引越し業者は細やかなサービスを提供している業者も多いです。
例えば、段ボールやガムテープを無料で提供してくれたり、スタッフが梱包作業までしてくれるかといのは、信頼できる引越し業者を選ぶ際に大きなポイントとなります。
引越し業者によっては、段ボールやガムテープなどの梱包資材も自分たちで用意、荷物は自分たちで梱包してください、というところもあります。

・5. 見積もり相談のときに親身になってくれる

引越し業者をいくつかに絞ったあと、次にやることは見積もりの依頼です。引越し理由や引越し事情は人それぞれ。そのことをきちんとわきまえ、その人に合った引越しプランを提案、予算の聞き出し、見積もりをしてくれる引越し業者がおすすめです。
信頼関係が築けない引越し業者に依頼をしてしまうと、のちのち自分が不快な思いをしたり、快適とはいえない引越しをすることになってしまう可能性があります。

・信頼できる会社で快適な引越しを!

ネットにはさまざまな引越し業者が存在しています。まずはホームページを確認して、料金プランや無料サービスをチェックしましょう。これらのサービスが充実していても、アフターケアや見積もり相談に親身に乗ってくれなければ意味がありません。どんなに安いプランがある業者でも、無料見積もりを出してくれる業者を選びましょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

引越しすることが決まった時は早目に準備を始める

引越しの準備は少なくとも1カ月前から始める

引越しするということは、大変なことです。現在の住まいにある荷物を新しい住まいに運ぶだけではなく、役所などの手続きも済ませておかないと、生活に支障が生じます。そのため、引越しすることになったら、すぐに準備を始めて問題が生じないようにしておかなくてはなりません。手続きし忘れていたものがあると、以前住んでいた地域に戻って、手続きしなくてはならないことになります。それでは、新しい生活を始める時期に、余計な手間と費用がかかってしまうので注意する必要があります。
引越しすることが決まった時は、少なくとも1カ月前から、準備を始めるのが適切です。まず、学校や電話会社に連絡して必要な手続きを行い、引越し業者に見積もりの依頼をします。時間に余裕を持って手続きをしないと、希望する通りに手続きが進まず、手続きが完了するのが間に合わなくなる可能性があります。特に引越し業者は、業者によってサービス内容や料金が異なりますので、時間をかけて優良な業者を選ばなくてはなりません。慌てて業者を選んでしまうと、料金が高いだけでなく、満足のいくサービスを受けられない可能性があります。納得のいくように荷物を運んでもらうためには、慎重に業者を選び、事前にしっかりと打ち合わせをすることが重要です。
転出する日の2週間前から、役所で転出届の受付ができるようになりますので、きちんと手続きをしておくようにします。できるだけ役所に行く回数が少なくて済むように、事前に役所に連絡をして、手続きに必要になるものなどを、確認しておくこと大切です。

1週間前になったらするべきこと

引越しの1週間前の準備として、水道、電気、ガスなどの手続きを完了しておかなくてはなりません。水道は、現在の住まいを管轄している水道局に連絡します。連絡するのを忘れてしまうと、いつまでも住んでいない場所の水道代が請求されてしまう可能性があります。電気については、現在の住まいで利用している電気会社に連絡をして、いつまで電気を使用することになるのかを伝えておきます。
また、新しい住まいに移った時にすぐ電気が使えるように、手続きをします。ガスについても、現在の住まいと新しい住まいの両方で、ガス会社に連絡しておくことが肝心です。さらに、直接行くか郵送して、現在の住まいに届く郵便物を新しい住まいの住所に届くように、転送届を提出しておく必要があります。
そして、荷物の片付けもしておかなくてはなりません。荷物が少ないからと安心していても、実際に片付けてみると思ったよりも時間がかかりますから、できるだけ早い時期に片付けを始めることが肝心です。依頼した業者が来ても荷物が片付いていない状態だと、作業がスケジュール通りに進まずに、さまざまな問題が生じます。段ボール箱にしまっても生活に問題ないものから、手際良く片付けるのが効率良く処理するコツです。自分で荷物を片付ける時間がない場合などは、業者で小物の荷造りなどもしてくれるメニューを選ぶことができます。無理して荷物を片付けようとすると、生活や仕事にも影響してきますから、荷物の量や状況を判断して、適切な内容を業者に依頼しなくてはなりません。

引越しの当日にやるべきこととは

引越しの当日は、準備が全て完了していることを確認し、荷物の運搬作業がスケジュール通りに行われているかどうかをチェックします。基本的には、業者は事前の打ち合わせに従い作業を行いますが、貴重品などもありますから、作業に立ち会って間違いがないこと確かめなくてはなりません。作業を進めていく中で、家具などを事前の打ち合わせとは違った場所に置きたいと思った時は、業者に相談して可能であれば作業内容を変更してもらいます。
そして、引越しが無事に終了しましたら、地域の警察署などに行き、運転免許証の住所変更手続きをして、役所で転入届などを提出します。手続きに期限が設けられているものもありますから、都合を付けてスピーディーに処理しておくようにスケジュールを立てるべきです。毎日が忙しいと、つい忘れてしまうこともありますので注意が必要です。
このように、引越しをする際には、やらなくてはならないことがたくさんあります。気が付いたことから処理していくと、し忘れてしまうことが出てくるので、一覧表などを作り計画的に行動しなくてはなりません。一人で全ての作業をしようとすると大変ですから、身の回りの片付けなどは、家族全員で分担して効率的に行うようにします。他にも、分担できる作業があれば、複数の人で処理した方が楽に作業が進みます。そのためにも、引越しをすることが決まった時は、家族全員に説明して、今後のスケジュールなどを検討しておくことが重要です。スケジュールの内容をよく理解していれば、家族全員が積極的に行動するようになります。忙しい時こそ、家族全員で協力して作業しましょう。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2019-02


Search
Feeds
Meta

Return to page top