神戸の引越し会社、営業:兵庫、大阪から出発して全国へ
引越不用品の回収・買取、引越ごみの処分もOK
トランクルームも完備してお客様をトータルでサポートします!

電話で見積できます! 携帯OK 0120-11-4021 受付時間:7:00~19:00(年中無休)

Home > お役立ち情報 > 引越し時の車庫証明の変更方法と注意点

引越し時の車庫証明の変更方法と注意点

引越しをしたあとは、車庫証明の変更をする必要があります。車庫証明とは自動車の保管場所を証明する書類です。駐車場や車庫を借りている場合はこの車庫証明を提出する必要があります。車庫として認められる駐車場、車庫には条件があり、この条件を守らなければなりません。

住所を変更してから15日以内に、警察署に車庫証明の住所変更をしにいくようにしましょう。車庫証明の変更方法、注意点をご紹介いたします。


車庫証明とは自動車の保管場所を申請するもの


車庫証明とは、所有している自動車を保管している場所を証明するための書類です。マンションやアパートの駐車場、近隣の駐車場、車庫などを利用する場合に提出が必要です。


引越しをすると、この自動車の保管場所も変更になるため、必ず変更届を提出する必要があります。引越し後に車庫証明の提出を怠っていると罰金が課せられることもあるため、忙しくても忘れずに住所変更を行うようにしましょう。


車庫証明の住所変更の前に確認しておきたい2つのポイント


車庫証明の住所変更をする前には、いくつかの点を確認しておかなければなりません。せっかく新しい車庫や駐車場を借りても、場合によっては車庫として認められない可能性もあります。

駐車場、車庫選びの際には、車庫証明のことも視野に入れてきちんと適正な場所を探すようにしましょう。


保管場所は住所から2キロ範囲内にする

引越し後の住所と車庫までの距離は、直線で結んで2キロメートル以内でなければなりません。近隣にやすい駐車場や車庫がないからといって遠くの駐車場をレンタルしても、それは車庫とは認められないので注意しましょう。


車庫は車がきちんと保管できる場所にする

車庫、駐車場の環境も大切です。車をきちんと収納できる十分な広さのある車庫なのか、道路や道を塞ぐことなく収納できるのかを確認しましょう。これに該当しない場合、車庫と認めてもらえません。


忘れると罰金を科せられることも!車庫証明の変更手続きの手順


車庫証明の変更手続きの手順

引越し後に車庫証明の住所を変更する手続きの方法について確認しておきましょう。引越し後にバタバタしていて車庫証明の変更手続きを忘れていた場合、期限をすぎると罰金が課せられるケースもあります。


忙しいときにでもスムーズに手続きに進めるように、必要な書類や手順について、3つのステップで紹介するので、事前に確認しておいてください。


1. 必要な書類を揃える

まずは車庫証明の変更に必要な書類を揃えます。

車庫証明の住所変更には下記の書類が必要です.


*現在利用している自動車検査証

*車庫証明の申請書

*手数料納付書

*印鑑

*住民票(発行から3ヵ月以内、以前までの住所変更がわかるもの)

*警察署に証明されてから40日以内の車庫証明書

*自動車税、自動車取得税申告書


上記の内、車庫証明の申請書と自動車税、自動車取得税の申告書は警察署で入手できます。それ以外の書類を揃えて警察署に向かうようにしましょう。


2. 手数料を確認・用意する

車庫証明の住所を変更する際には手数料が必要です。手数料は、検査登録の印紙代として350円、ナンバープレートを変更する際は1,500円から3,000円程度が必要です。


この手数料は地域、自治体によっても微妙に変動するケースがありますので、お住まいの地域の料金について確認・用意してから変更に向かうとスムーズです。


3. 警察署に届け出る

車庫証明の住所変更は、引っ越してから15日以内に警察署に出向いて行う必要があります。車庫証明の変更を受け付けている窓口は平日の9時から17時頃が一般的です。地域によって時間や曜日が違う可能性もありますのでこちらもきちんと確認しておきましょう。


窓口が開いている時間は仕事をしていて住所変更の手続きができないという場合は、代理人に依頼することも可能です。その場合は委任状が必要ですので、上記の書類以外にも委任状を用意して代理人に依頼するようにしましょう。


引越しをしたあとは車検証の住所変更も必要

引越しをしたあとは、車庫証明の住所変更だけでなく車検証の住所変更も必要です。自動車税の納税通知は、この車検証に記されている住所に届けられるため、変更しておかないと新しい住所に届けてもらえません。


車検証の住所変更をしないことは法律違反ですので、必ず行うようにしてください。車検証の住所変更が済んでいないうちに事故を起こしてしまった場合、自賠責保険が下りなくなる可能性もあります。


車を売却する際にも時間や手間がかかりますので、後々のリスクを考えても車検証の住所変更は早めに済ませておくことをおすすめします。


車検証の住所変更は運輸支局で行う

車検証の住所変更は、車庫証明のように警察署に出向くのではなく、運輸支局に出向いて行います。


*取得から3ヵ月以内の住民票

*車検証

*取得から1ヵ月以内の車庫証明

*自動車税の納税申告書


上記の書類を揃えて運輸支局に向かいましょう。必要な手続きを済ませ、手数料を納付すれば、車検証の住所変更は完了です。

Home > お役立ち情報 > 引越し時の車庫証明の変更方法と注意点


Search
Feeds
Meta

Return to page top