神戸の引越し会社、営業:兵庫、大阪から出発して全国へ
引越不用品の回収・買取、引越ごみの処分もOK
トランクルームも完備してお客様をトータルでサポートします!

電話で見積できます! 携帯OK 0120-11-4021 受付時間:7:00~19:00(年中無休)

Home > お役立ち情報 > 引越し荷造りのコツと梱包方法

引越し荷造りのコツと梱包方法

引越しをする際に、行わなければならない作業の1つである「荷造り」。引越しをスムーズに行うために、もっとも重要である「荷造り」のコツと種類別の梱包方法について解説しています。
荷造りをしっかりと行っておけば、引越しの当日だけではなく、引越し後の作業もかなり楽になります。もちろん、面倒な作業であることは、間違いありません。しかし、引越し直前まで先延ばしにしてしまうと、非常に厄介です。また、梱包のやり方次第では、引越し後の作業にも大きな差が出てきます。引越しをスムーズに行うために、早いうちから準備し、荷造りに取りかかっていくべきでしょう。今回は、そんな面倒な荷造りが楽になる5つのコツと梱包方法について解説していきます

引越しの荷造り5つのコツ

まずは、引越しの荷造りを楽にスムーズに行うためのコツを5つ紹介していきます。

1. 引越しの1ヶ月前から作業を開始する

さすがに、引越しの1ヶ月前から作業を開始するのは早すぎるだろうと思われるかもしれません。しかし、早いうちから作業を開始して損することはありません。

早めに作業を行うことによって、使わないものをまとめられるので、部屋の整理もできます。逆に作業開始が遅すぎると、バタバタしてしまうので、作業は1ヶ月前から開始しましょう。

2. 荷造り前にいらないものを捨てる

荷造りを行う前に、いらないものを捨てましょう。荷造りの途中で、いらないものが出てきた場合には、そのときに捨てても大丈夫ですが、最初にいらないものを捨てておくことによって、スムーズに荷造りを行うことができます。

3. 使用頻度の低いものから箱につめる

荷造りを行う際には、必要なものからと思い、先に使用頻度の多いものを入れてしまうと、引越し日までにそれが必要になった場合に、ダンボールの中から探し出さなければなりません。
まずは、引越し日まで使わないであろう、使用頻度の低いものから箱につめていきましょう。

4. ダンボールにラベルを貼り中身がわかるように管理する

一度、ダンボールの中にものをつめてしまうと、なにが入っているのかわからなくなってしまい、引越し先でも片付けが大変になってしまいます。
そのようなことになってしまわぬように、ダンボールにラベルを貼り、中身がわかるように管理しておきましょう。

5. 引越し後すぐに必要になるものを1つの箱にまとめておく

すぐに必要になるものをまとめておくことによって、引越し後、最小限の作業で新たな生活をスタートさせることができます。
すぐに必要になるものとは、トイレットペーパーやタオル、歯ブラシなどの洗面用具などです。それと、忘れてはいけないのが、スマホなどの充電器です。引越し当日は、いろいろな場所に連絡が必要になるので、バッテリーの減りも早いと思います。引越し終了後に、すぐに充電できるように準備しておきましょう。

5つの荷物別梱包方法

荷造りを行う際には、梱包も行わなければなりません。しかし、ものによって梱包の仕方は違います。ここでは、種類別の梱包方法について解説していきます。

1. 割れ物は紙や新聞で包む

割れ物同士が直接触れてしまうと、割れる可能性が非常に高くなります、なので、1つ1つを紙や新聞紙で包みましょう。
さらに、ダンボールの底には、クッション代わりの新聞紙やスポンジなどを敷くといいです。ダンボールの外には、「割れ物」と記入することを忘れないようにしましょう。

2. 洋服はハンガーラックを使用してシワをつけない

現在、ほとんどの引越し業者では、洋服にシワがつかないようにするため、ハンバーラックを使用しています。
なので、梱包の際には、このハンガーラックを借りて梱包するようにしましょう。業者によっては、ハンガーラックの貸し出しを行っていない業者もあるかもしれないので、見積もりの際に、ハンガーラックが借りられるか確認しておきましょう。

3. 布団や毛布は圧縮袋に入れて軽い順に重ねる

布団や毛布を梱包する際には、スーパーなどで布団圧縮袋を購入し、軽い順に積み重ねます。
たまに、布団をクッション代わりにして、割れ物と一緒に入れる方もいらっしゃいますが、それは絶対にやめましょう。

4. 包丁はダンボールで固定

包丁は、そのままだと非常に危険です。なので、刃の部分をダンボールなどでしっかりと固定しましょう。
また、落としても大丈夫なように、大きめのダンボールで刃を固定するようにしましょう。

5. 家具・家電は有料で梱包作業を行ってくれる

大きな家具や家電に関しては、引越し業者に頼めば有料で梱包作業を行ってくれます。なので、自分で梱包をする必要はありませんが、冷蔵庫や洗濯機は梱包前にしっかりと霜取りや水抜きなどをしておきましょう。

Home > お役立ち情報 > 引越し荷造りのコツと梱包方法


Search
Feeds
Meta

Return to page top