神戸の引越し会社、営業:兵庫、大阪から出発して全国へ
引越不用品の回収・買取、引越ごみの処分もOK
トランクルームも完備してお客様をトータルでサポートします!

電話で見積できます! 携帯OK 0120-11-4021 受付時間:7:00~19:00(年中無休)

Home > お役立ち情報 > 引越しの際における荷造りのコツとは?

引越しの際における荷造りのコツとは?

引っ越しで多くの人がつまずく部分が荷造りです。荷造りがうまくできれば、引っ越しは8割方終わったも同然です。逆に、荷造りの段取りに手間取ると時間と労力が何倍にもなってしまいます。荷造りが終わっていなければ引っ越しはできないため、避けては通れない点も悩ましいところでしょう。この記事では、これから引っ越しの準備を始める方のために、荷造りのコツを解説します。楽に引っ越しを終えて新生活のスタートを切りましょう。

まず荷物を減らす

荷造りをするにあたって、絶対に守りたい大原則が1つあります。それは、不要な物を極限まで捨てるということです。そもそも荷造りに時間が取られてしまうのは物が多いからで、物が少なければ荷造りの手間も格段に省けます。
物を減らすことは荷造りの労力を減らすと同時に、運ぶ荷物の総量を減らすことにもつながります。もしも引越し会社を使って引っ越しを行うなら、お金が少なくすむ場合もあるでしょう。引越し会社は見積もりに従って料金を決定しますから、なるべくなら早めに物を減らしておきたいところです。見積もりが引っ越し日の1ヶ月前だとすれば、その日までに以下の方法を使って荷物を減らしておきましょう。

不用品は売りに出す

部屋の中に読まなくなった本や着なくなった服、 もう使わなくなった趣味の品などは無いでしょうか。本や服は持ち運ぶと思うと、意外とスペースをとります。趣味の品は破損を防ぐために養生を寝入りにしなければならない場合があり、荷造りの労力を増加させます。いらなくなった品は古書店や古着屋、リサイクルショップに持ち込んで処分しましょう。ある程度時間の余裕があるなら、オークションサイトを使ってお金を作る方法もあります。

ゴミに出せるものは出す

どうしてもお店に売れないものはゴミに出しましょう。古書店やリサイクルショップでも買い取りできない物が出る恐れがあるため、引っ越し間際に買取不可の品が出るとゴミと一緒に引っ越しする羽目になりかねません。やはり十分時間の余裕をもって動きましょう。
もしも日程の関係でゴミ収集日に間に合わないなら、町のリサイクル業者のところにゴミを持っていきましょう。古紙のように処分料が発生しない品物なら、自分で持っていけば無料で引き取ってもらえます。

大きい物から片づける

荷造りの際には、部屋の中の大きな物から片付けていきましょう。こまごまとした物は最悪の場合、ダンボールや袋に突っ込めば持っていけます。それに、大きな物から片づけると、視覚的にも仕事が進んでいる状況が実感でき、励みになります。
おそらく部屋の中の大きなものとは家具や家電製品だと思います。引っ越しの計画を立てる時にそれぞれ持って行くのか捨てるのか決めましょう。

食器などの包装は空き時間に

荷造りにはそれなりに多くの時間が必要になります。ただ、仕事があると、荷造りばかりに時間を割くわけにはいきません。忙しい時には、隙間時間でもできる荷造りを進めておきましょう。例えば、食器を新聞紙で包む作業などがおすすめです。食器はそれなりに数があり多くの時間が必要ですが、1つ1つの食器を包む時間はそれほどかかりません。 その他の隙間時間にできる作業としては、ダンボールへの箱詰めなどがあります。隙間時間をうまく使って荷造りを効率的に進めていきましょう。

段ボールへの詰め方

使わない物から

段ボールに物を詰める時には、使わないものから詰めていきましょう。書籍やCD・DVD・今は着ない洋服などはすぐに詰められるはずです。
使わない物を詰めた後は、使うかもしれないものを箱詰めします。その次には、使用頻度の高いものを引っ越し日近くで一気に詰めましょう。

持ち運びやすいように

段ボールは持ち運びやすいように、なるべく隙間を作らないでおきましょう。隙間があると重心が偏って運びにくいばかりか、中の品物が傷つくこともありえます。どうしても隙間が埋まらない場合は、タオルや丸めた新聞紙を間に詰めましょう。
本は段ボールの容積の半分くらいまでしか入れないようにしてください。段ボール一杯に詰めると重くなりすぎ、持ち運びにくくなります。

引っ越し会社のサービスを利用しよう


効率的な荷造りを追求するにあたって、引っ越し会社が提供するサービスはぜひ活用しましょう「。引越し会社は、引っ越しで出たごみを一定量回収する、段ボールを無料提供するなどのサービス内容で差別化を図っています。引っ越し会社を決める時には特典にも注意を払って決めるようにしましょう。この時には、なるべく段ボールをおまけしてくれる引っ越し会社を選ぶことをおすすめします。段ボールは足りなくなりがちで、当初の予定より多く必要だった場合が少なくないためです。そのため、段ボールを全て会社側で用意してくれるところだと便利です。

また、荷造りが苦手なら引っ越し会社に荷造りを行ってもらう方法も使えます。少々お金はかかりますが、悩む必要が無いため有効な方法です。

Home > お役立ち情報 > 引越しの際における荷造りのコツとは?


Search
Feeds
Meta

Return to page top